メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日イラン 息づく詩歌=西川恵

 <kin-gon>

 安倍晋三首相がイランを訪問して、米国との仲介に乗り出せるのも、トランプ米大統領とのいい関係がテコになっている。これがマクロン仏大統領やメルケル独首相だったら「イランに肩入れする訪問」と米国に難じられただろう。

 イラン、昔のペルシャに、日本は懐かしさとロマンを感じてきた。正倉院にもペルシャ渡来の品々があるが、日本に現存する最古のペルシャ文書は1217年に中国に渡った日本の僧・慶政が、中国から持ち帰ったものだ。慶政は中国の福建省泉州の港で、南蛮風の3人の異人と出会い、師の明恵上人のお土産にと揮毫(きごう)を求めた。

 当初、彼らが書いた文書はサンスクリットの経文と思われていたが、20世紀に入ってペルシャ文字と判読さ…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです