メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

「高度な自治」危機 英が返還「1国2制度」に

中国政府による反民主化の方針に抗議するため傘を掲げる「雨傘運動」の参加者=香港で2014年10月9日、AP

 香港で、刑事事件の容疑者を中国本土の司法機関に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案をめぐる対立が激しさを増している。危機感を抱く市民らが街頭に繰り出し、今月9日のデモは2014年の「雨傘運動」を上回る規模に膨れ上がった。返還から20年以上が過ぎ、資本主義と社会主義が併存する「1国2制度」が新たな局面を迎えている。【浦松丈二、隅俊之、河津啓介、福岡静哉】

 香港は19世紀半ばに当時の清(しん)が英国とのアヘン戦争に敗れた結果、英国領となった。1949年の…

この記事は有料記事です。

残り4022文字(全文4252文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです