メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京おもちゃショー

開幕 主役は大人 昭和・平成にちなんだおもちゃ集結 ガンダム/仮面ライダー/たまごっち

大勢の来場者でにぎわうバンダイのブース=東京都江東区で2019年6月13日、梅村直承撮影

 国内最大級の玩具見本市「東京おもちゃショー2019」が13日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕して、国内外191社の約3万5000点が披露された。令和への改元を受けて平成や昭和にちなんだ商品が目立つ。少子化への対応をにらみ、大人向けの品ぞろえを意識した展示も多い。【本橋敦子、和田憲二】

 タカラトミーが出展した「人生ゲーム+(プラス)令和版」は、1968年に国内で初めて販売されたボードゲームの最新版。SNSなどで影響力を持つ「インフルエンサー」をテーマにアレンジしており、紙幣のやり取りはせず、フォロワー数で勝敗を競う。

 他にも同社のグループ企業は、レトロな画質の動画を再生できる専用アプリを入れたスマートフォンに小型のケースを組み合わせて、昭和のテレビの雰囲気を楽しめる玩具も用意した。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです