メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

特区審査隠し 「開催記録ない」はずが証拠の山 崩れる政府釈明

2015年10月にWGヒアリングが開催されていた

 「開催の記録がなく、担当職員の記憶もない」。国家戦略特区ワーキンググループ(WG)のヒアリング2件の開催が隠されている問題で、13日に野党の聞き取り(合同ヒアリング)に応じた内閣府と水産庁の担当者は苦しい説明を繰り返した。公表されている他のヒアリングの議事要旨に、2件の開催を示す「証拠」が続出。政府の説明は破綻しかかっており、野党は14日以降も聞き取りを続けて全容解明を目指す方針だ。【杉本修作、田中裕之、向畑泰司】

 野党は13日午前と午後の2回聞き取りを実施。立憲民主党会派の今井雅人衆院議員は「あったことをなかっ…

この記事は有料記事です。

残り1964文字(全文2224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです