メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 言語指導、善意頼り 統一的な学習できず

ボランティアによる日本語教室で学ぶフィリピンからきた3きょうだい=埼玉県越谷市で、奥山はるな撮影

 外国籍の子どもらにとって、地域の日本語教室は日本語を学べる重要な場所になっている。学校での指導体制は十分とはいえず、日本語教室には受け皿の役割が期待される。だが、ボランティア頼みで学習時間も短く、体系的に日本語を習得できる仕組みが構築されていないなど課題も少なくない。

 4月上旬、埼玉県越谷市の日本語教室にフィリピンから来た3きょうだいの姿があった。中学2年の長男(13)と小学6年の長女(11)、小学3年の次男(8)。4月から地元の公立小中学校に通っている。

 3人は日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれた。セブ島の学校に通っていたが、両親が「日本で生活…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1136文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです