メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

キューバのスポーツ観=鈴木大地

 2020年東京五輪は20日で開幕400日前を迎える。多くの見どころがあるが、3大会ぶりに復活する野球に期待している人も多いだろう。野球が正式競技として実施された1992年バルセロナ五輪以降、五輪5大会で3回の優勝を誇るのが南米のキューバだ。先日、キューバの少年野球事情を視察してきた。

 キューバには15の県があり、それぞれに少年野球の代表チームがあるという。キューバの野球といえば、米大リーグに優秀な選手を送り出すことでも有名だが、意外にも現地では「野球人気が低下し始めている」と聞いた。経済の低迷でグラブなどの野球用品が市民にとって高根の花となり、テレビではサッカー中継が増えて「ボール一つで多くの子供たちがプレーできるサッカーに人気が移り始めた」と現地の野球関係者は分析する。

 さらに、米トランプ政権で米キューバ関係が後退したことも、米大リーグ入りを夢見てボールを追っている子…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです