メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

福岡・梅林古墳 油山眺める地域のシンボル 団地に前方後円墳 県内で古墳は身近に存在、巡る楽しみも

団地に囲まれた梅林古墳の後円部

 日本最大の前方後円墳を含む百舌鳥(もず)・古市古墳群(堺市など)の世界文化遺産登録への期待が高まり、古墳ブームに追い風が吹いている。同古墳群は市街地にあり、住民に親しまれているが、福岡市内には団地の中に古墳があるとの情報を聞き、現場に向かった。【蓬田正志】

 市地下鉄の梅林駅から10分も歩かないうちに、目印の市営梅林第1団地が見えてきた。団地の中に入ると突然、フェンスに囲まれた丘が現れた。立ち入りも可能で整備された約30段の階段を上ると、心地よい風が吹き抜け、遠くに油山を眺めることができる。

 市によると、この古墳は市指定史跡「梅林古墳」。1989年、団地の建て替え工事前の発掘調査で発見され…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1062文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです