メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

最長54時間使えて1万980円! 充電忘れしちゃう人にオススメな完全ワイヤレスイヤホン「Samu-SE04」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

オウルテックは、音響特性を改善するHDSS技術を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「Samu-SE04」を8月に発売します。実売予想価格は1万980円(税抜)。カラーはブラックとホワイトの2色を用意し、全国の量販店をはじめ、直販サイト「オウルテックダイレクト」等にて取り扱います。

↑Samu-SE04(ブラック)

 

↑Samu-SE04(ホワイト)

 

Samu-SE04は、同社の完全ワイヤレスイヤホン第1弾として登場した「Samu-SE03」の上位モデルとなる完全ワイヤレスイヤホン。Bluetoothチップには、省電力性能の高いクアルコムの「QCC3026」を搭載し、イヤホン本体で最長約9時間の長時間再生が可能です。

 

ドライバー(振動板)には、ダイヤモンドよりも硬度が高いグラフェン素材をコーティングし、振動板自体の歪を低減させつつ、レスポンスのよいクリアなサウンドを実現。さらに、音響特性を改善する「HDSS」技術を採用しており、音の濁りの原因となるハウジング内の音の反射や揺れを改善して、歪のないクリアなサウンドで音楽が楽しめます。

 

コーデックはSBCとAAC、aptXをサポート。イヤホン本体はIPX7相当の防水仕様で、雨や汗のかかるシーンでも安心して使えます。

 

充電ケースは、外装にファブリック調の素材を使ったコクーンデザインを採用。バッテリー容量は、イヤホン本体を約5回フル充電でき、ケース併用で最長約54時間の使用が可能です。

↑ホワイトモデルの充電ケース

 

長時間バッテリーや接続性能だけでなく、音質やデザインにもこだわった完全ワイヤレスイヤホンとなっていますので、こだわりのイヤホンをお探しの方はぜひチェックしてみて下さい。

 

【SPEC】●再生周波数帯域:20Hz~20kHz ●出力音圧レベル:91dB(±3dB) ●インピーダンス:16Ω±15% ●防水性能:IPX7 ●Bluetoothコーデック:SBC/AAC/aptX ●再生時間:約9時間(イヤホン本体)、約54時間(充電ケース併用) ●充電時間:約2時間(イヤホン本体、充電ケースともに) ●充電端子:microUSB ●サイズ/質量:W84.5×H40×D43mm/4.5g(イヤホン1個あたり)、67.1g(充電ケース含) ●付属品:microUSB 充電ケーブル、充電ケース、イヤーピース3サイズ(S/M/L)

 

【関連記事】

完全ワイヤレスデビューするなら――3つの◎を備えたオウルテック「Samu-SE03」がオススメ

重さはわずか3.9g! 小型軽量な完全ワイヤレスイヤホン「Samu-SE03」がクラウドファンディング開始

【関連記事】
新しいチェキは「音」までプリントできる!? インスタントカメラの“ハイブリッド化”が止まらない!
離れててもテレビの音がはっきり聴こえる! オーディオテクニカ「AT-SP767XTV」がテレビライフをサポート
LDSアンテナで通信が途切れにくい! 1MOREブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「E1026BT-I」
シンプル&カラフルなイヤホンで耳元を飾る――4色から選べる完全ワイヤレス「HA-LC50BT」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです