イラン外交、安倍首相訪問前から日本政府関係者の間でささやかれていた「二つのリスク」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イランの最高指導者ハメネイ師(右)と会談する安倍晋三首相=テヘランで2019年6月13日(イラン最高指導者事務所提供)
イランの最高指導者ハメネイ師(右)と会談する安倍晋三首相=テヘランで2019年6月13日(イラン最高指導者事務所提供)

 首相として41年ぶりの歴史的なイラン訪問から帰国した安倍晋三首相。中東の緊張緩和を目指したが、イラン側から米国との対話に前向きな姿勢は引き出せなかった。さらに逆にホルムズ海峡付近で日本の海運会社運航のタンカーが攻撃され、緊張が高まる事態に。中東外交の難しさが浮き彫りになった形だが、実は訪問前から日本政府関係者の間では「二つのリスク」がささやかれていた。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1484文字)

あわせて読みたい

注目の特集