メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンカー攻撃 米「イラン関与」と水雷除去映像公開 サウジは「フーシか」

 ポンペオ米国務長官は13日、中東のホルムズ海峡付近で日本の海運会社が運航するタンカーなど船舶2隻が攻撃を受けた事件について「イランに責任がある」と述べ、米政府としてイランが事件に関与したと判断したことを明らかにした。米軍は同日、イラン関与を示すものとする映像を公開。一方でイランは関与を否定して反発しており、米国・イラン関係の緊張がさらに高まるのは必至だ。【ワシントン古本陽荘、カイロ篠田航一】

 また、トランプ米大統領はツイッターで13日、イランの最高指導者ハメネイ師と会談した安倍晋三首相に「感謝する」としたうえで、「(イランとの)ディール(取引)を考えることすら時期尚早だと感じている。彼らにはその用意がないし、私もない」と強調。イランとの対話に前向きだった姿勢を修正した。ハメネイ師が米国との対話を拒否する考えを示したことを踏まえたものとみられる。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです