メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米超党派議員の香港・逃亡犯条例改正けん制に、中国「粗暴な干渉」と批判

鉄柵が何重にも設けられ、立ち入りが禁止された香港立法会=2019年6月14日午後1時27分、福岡静哉撮影

 中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は14日の定例記者会見で、米国の超党派議員が香港の逃亡犯条例改正をけん制する法案を提出したことに「一部議員の口出しと粗暴な干渉に、強烈な不満と断固とした反対を表明する」と述べ、法案を審議しないよう求めた。

 耿氏は「米国は香港の主要な貿易相手であり、香港を混乱さ…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  3. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです