メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吹田いじめ 加害の男児5人を府警が児相に通告

記者会見で陳謝する大阪府吹田市の原田勝教育長(左から2人目)ら=吹田市役所で2019年6月13日、山本真也撮影

 大阪府吹田市の小学校で、女児が約1年半にわたって同級生の男児からいじめを受けていた問題で、大阪府警が2017年7月、いじめに関わったとして男児5人を児童相談所(児相)に通告していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。この当時、両親は市教委に第三者委員会の設置を求めていたが、約4カ月間にわたって放置された。設置が決まったのは児相通告の翌月で、市教委の対応の遅さが改めて浮き彫りになった。

 市の第三者委が公表した報告書によると、女児は1年生だった15年秋ごろから、男児5人にボールをぶつけられるなどのいじめを受けるようになった。16年3月には暴行が原因で足首を骨折。いじめは1年半にわたり、17年3月には心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  4. 仏シャルリーエブド旧本社前で2人刺され1人重傷 15年のテロ事件現場

  5. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです