吹田市がいじめ問題で再び記者会見、教育長が謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府吹田市立小学校でのいじめを巡る経緯
大阪府吹田市立小学校でのいじめを巡る経緯

 大阪府吹田市の市立小学校で2015年秋から約1年半にわたって女子児童がいじめを受け、骨折などのけがをしていた問題。吹田市の原田勝教育長は13日、改めて記者会見を開き、「多大な負担をおかけして心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 市の第三者委員会が12日に発表した調査報告書によると、女子児童は2015年秋から17年春にかけて5人の男子児童からいじめを受けた。階段の途中で押されたほか、ランドセルを背後から引っ張られて転倒させられそうになったり…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集