死亡3人の身元判明、知人同士 名神高速追突事故

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
名神高速道路上り線で発生した大型トラックとワゴン車の事故現場=滋賀県竜王町で2019年6月13日午後2時49分、本社ヘリから
名神高速道路上り線で発生した大型トラックとワゴン車の事故現場=滋賀県竜王町で2019年6月13日午後2時49分、本社ヘリから

 滋賀県竜王町の名神高速道路で車3台が玉突きになり3人が死亡した事故で、最初に追突した12トントラックのブレーキ痕が現場付近数十メートルにわたり残っていることが14日、県警への取材で分かった。運転していた山形県酒田市旭新町、運転手、池田竜也容疑者(33)=自動車運転処罰法違反容疑で逮捕=は調べに「ブレーキをかけた」などと供述しており、県警は直前に急ブレーキをかけたが間に合わなかったとみて調べる。

 また、県警は死亡した3人について、追突されたワゴン車を運転していた職業不詳、山下陽平さん(27)=京都府福知山市長田=と、後部座席にいたペットショップ店員、阪田知佳保(ちかほ)さん(23)=大阪市旭区赤川▽専門学生、舩越摩耶さん(24)=同市浪速区日本橋東=と発表した。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文568文字)

あわせて読みたい

ニュース特集