「保護ねこカフェ」開店5年、210匹送り出す 里親との幸せ第一に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
明るいログハウス調の店内は猫だらけ。「猫のいない人生は考えられません」と店長の中野結衣さん=玉城町の「保護ねこカフェ」で2019年6月12日、尾崎稔裕撮影
明るいログハウス調の店内は猫だらけ。「猫のいない人生は考えられません」と店長の中野結衣さん=玉城町の「保護ねこカフェ」で2019年6月12日、尾崎稔裕撮影

 捨てられた猫やホームレスの猫から産まれた子猫たちを保護して、新たな“里親”との出会いをプロデュースする三重県玉城町勝田の「保護ねこカフェ ねこ達のいえ」が先月末で開店5周年を迎えた。これまでに送り出した猫は約210匹。動物虐待の厳罰化を盛り込んだ改正動物愛護法が12日に成立する中、同店は6回目の夏を迎える。スタッフたちは早くも猫たちの猛暑向けの体調管理モードに入っている。

 ログハウス調の店内には1~5歳を中心に常に30匹前後の猫が在籍する。地元の動物保護ボランティアらを通して店に預けられ、動物病院で検査やワクチン接種を受け、避妊手術など事前にケアを済ませた猫ばかり。このため、一般からの猫の引き取りには対応していない。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1173文字)

あわせて読みたい

ニュース特集