メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都賞にタン氏ら3人 科学、文明、思想・芸術の発展に貢献した人を顕彰 賞金1億円

香港科技大教授で化学者のチン・W・タン氏=稲盛財団提供

 稲盛財団(京都市、稲盛和夫理事長)は14日、科学や文明、思想・芸術の発展に貢献した人を顕彰する国際賞「第35回京都賞」に、香港科技大教授で化学者のチン・W・タン氏(71)ら3人を選んだと発表した。授賞式は11月10日、国立京都国際会館(京都市左京区)である。昨年から全3部門とも賞金がそれぞれ1億円に倍増されている。

 先端技術部門で選ばれたタン氏は、2層積層型の有機EL素子構造を考案し、発光効率が高く低電圧で動く素…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです