メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防空監視哨から五輪マークの茶わん 1940年「幻の東京五輪」記念か 愛媛

三机防空監視哨の遺構で見つかった茶わん。大人用とみられる=愛媛県伊方町二見で2019年6月6日、松倉展人撮影

 桜の花柄に五輪マークが描かれた茶わんが四国最西端の愛媛・佐田岬半島にある戦時中の「三机(みつくえ)防空監視哨(しょう)」(伊方町三机)の遺構から見つかった。戦局の悪化で日本が開催を返上した1940(昭和15)年の「幻の東京五輪」を記念して生産された可能性が大きいものの、産地や生産年は不明。発見した市民グループのメンバーは同じような例などの情報提供を呼びかけている。

 発見したのは、佐田岬半島の自然や文化、民俗などを見つけ、考えるグループ「佐田岬みつけ隊」事務局を担当する町見郷土館主任学芸員の高嶋賢二さんと、隊員で伊予史談会常任委員の多田仁(じん)さん。昨年10月、遠見山(標高130メートル)の山頂付近にある三机監視哨の遺構で採集した。茶わんは口径10・7センチ、高さ5・9センチで半分に割れていた。五輪マークと桜の花を描いている。桜には絞り染めのような模様で「…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです