群馬・南牧村のバス転落事故で運転手の男を起訴 前橋地検

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
道路脇の山中に転落したバス=群馬県南牧村で2019年5月10日午後5時26分、本社ヘリから丸山博撮影
道路脇の山中に転落したバス=群馬県南牧村で2019年5月10日午後5時26分、本社ヘリから丸山博撮影

 群馬県南牧村で停車中のバスが崖下に転落し乗っていた登山客が重軽傷を負った事故で、前橋地検は14日、バスを運転していた自動車修理販売業の海老原功容疑者(66)=茨城県守谷市=を道路運送法違反と業務上過失傷害の罪で起訴した。

 起訴状などによると、海老原被告は2019年1月16日~5月10日、国土交通相…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

あわせて読みたい

注目の特集