メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬・南牧村のバス転落事故で運転手の男を起訴 前橋地検

道路脇の山中に転落したバス=群馬県南牧村で2019年5月10日午後5時26分、本社ヘリから丸山博撮影

 群馬県南牧村で停車中のバスが崖下に転落し乗っていた登山客が重軽傷を負った事故で、前橋地検は14日、バスを運転していた自動車修理販売業の海老原功容疑者(66)=茨城県守谷市=を道路運送法違反と業務上過失傷害の罪で起訴した。

 起訴状などによると、海老原被告は2019年1月16日~5月10日、国土交通相…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです