メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

トランプ大統領、英皇太子を誤って「クジラの王子」とつづる

 トランプ米大統領(右)は13日、ツイッターで英国のチャールズ皇太子(左)の肩書である「プリンス・オブ・ウェールズ(Wales)」のつづりを誤って「ホエールズ(Whales、クジラ)」と書き、再投稿を余儀なくされた。4日にロンドンで撮影(2019年 ロイター/Chris Jackson)

 [ロンドン 13日 ロイター] - トランプ米大統領は13日、ツイッターで英国のチャールズ皇太子の肩書である「プリンス・オブ・ウェールズ(Wales)」のつづりを誤って「ホエールズ(Whales、クジラ)」と書き、再投稿を余儀なくされた。

     トランプ大統領は12日、対立候補に致命的となる情報ならば、外国からの提供であっても、連邦捜査局(FBI)に報告せず積極的に耳を傾けると示唆。野党・民主党だけでなく与党・共和党内からも反発が出た。

     トランプ氏はこの中で「私は毎日『外国政府』に会って話をする。私はイングランド(英国)女王、クジラの王子、英国首相、アイルランド首相、フランス大統領、ポーランド大統領に会ったばかりだ」と投稿。「私たちは『すべて!』に関して話した。こうした電話や会議について、すぐFBIに連絡すべきなのだろうか。なんと馬鹿げた話だ! 私はもう二度と信用されなくなるだろう。そうは言っても、私の答えが完全な形でフェイクニュースメディアに流れることはめったにない。彼らは意図的に、重要な部分を省いてしまう」と述べた。

     同氏はその後、ツイートを削除し、「ウェールズ」と正しくつづったものに置き換えた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都アニメ放火 娘よ、待っている 彩色一筋「根性の塊」 安否不明社員の父
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
    3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
    4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
    5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです