メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 山に「命」取り戻す

杉林に並べたコナラの原木を見回る阿崎茂幸さん(奥)。「良い形のシイタケができるんだ」=福島県玉川村で2019年5月14日、梅村直承撮影

 90センチに切りそろえたシイタケ栽培用のコナラの原木が整然と並ぶ杉林で、福島県石川町の原木生産者、阿崎茂幸さん(76)が声を絞り出した。「俺は東電と国の犯罪だと思うんだよ。山の『命』を奪ったんだから」

 菌を植えシイタケを栽培するコナラの原木を阿武隈山地南部で生産してきた。東日本大震災(2011年)の前年、福島県はシイタケ栽培用の原木生産量で3位、県外移出量は1位だった。コナラは伐採後、切り株から再生し20年ほどで再び利用可能な資源となる。阿武隈の里山で人が築いたサイクルだった。…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです