メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

ストレイ・キャッツ 40年にして、さらに新鮮

 <楽庫(らっこ)>

 ロカビリーは、黒人音楽のブルースと白人音楽のカントリーが融合する形で、1950年代に誕生した。代表的なのがエルビス・プレスリーであり、ロックンロールの元祖的なスタイルと言える。そのロカビリーを79年のデビュー時からやっていたのが、イチローの応援歌でも知られるブライアン・セッツァーと、リー・ロッカー、スリム・ジム・ファントムからなる3人組、ストレイ・キャッツだ。

 デビュー40周年の節目に、実に26年ぶりとなる新作「40」を発表した自分たちの特徴を、「極めて個性…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです