メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・お薦め!!

大沢桃子が新曲「懐郷」とコンサート「エレキDE演歌」ほか

 <楽庫(らっこ)>

 ★大沢桃子が新曲「懐郷」とコンサート「エレキDE演歌」

 “エレキの神様”寺内タケシと“女剣劇”の大立者、浅香光代を師とする演歌の大沢桃子が、新曲「懐郷」(徳間)を発表。エレキバンドを従えてのライブを各地で開催する。

 大沢は岩手・大船渡生まれ。寺内率いるブルージーンズの歌手を目指して弟子入りするとともに、浅香には踊りを習った。また、書道八段でレコードタイトルはほとんどが自筆。さらに仲村つばきの名で作詞作曲も行う。「懐郷」も自作で、都会に出て来た少女が故郷の景色や父母をしのぶ望郷歌。

 「大震災の記憶が薄れてきている。まだまだ東北の復興は進行中で、故郷への気持ちをたくさんの方に共感し…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです