メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊テレビ評

「わたし、定時で帰ります。」 働く現場描く堂々の社会派=碓井広義

 吉高由里子主演「わたし、定時で帰ります。」(TBS系=火曜午後10時)から目が離せない。開始前、よくある「お仕事ドラマ」かと思っていたが、実は堂々の「社会派ドラマ」であることがわかってきた。

 32歳の東山結衣(吉高)は、企業のウェブサイトやアプリを制作する会社の社員だ。所属部署には、クセ者の部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)、優秀なエンジニアで元婚約者の種田晃太郎(向井理)、そして短期の育児休業後に職場復帰した賤ヶ岳八重(内田有紀)などがいる。

 結衣は仕事のできる中堅社員だが、決して残業をせず、定時に会社を出る。かつて恋人だった種田が過労で倒…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1041文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです