メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「わたし、定時で帰ります。」 働く現場描く堂々の社会派=碓井広義

 吉高由里子主演「わたし、定時で帰ります。」(TBS系=火曜午後10時)から目が離せない。開始前、よくある「お仕事ドラマ」かと思っていたが、実は堂々の「社会派ドラマ」であることがわかってきた。

 32歳の東山結衣(吉高)は、企業のウェブサイトやアプリを制作する会社の社員だ。所属部署には、クセ者の部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)、優秀なエンジニアで元婚約者の種田晃太郎(向井理)、そして短期の育児休業後に職場復帰した賤ヶ岳八重(内田有紀)などがいる。

 結衣は仕事のできる中堅社員だが、決して残業をせず、定時に会社を出る。かつて恋人だった種田が過労で倒…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1041文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです