メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

東京11R・ユニコーンS/函館11R・函館スプリントS (日曜競馬)

時計優秀、デュープロセス

 【ユニコーンS】デュープロセスを本命に推す。後方からの競馬となった2走前の昇竜Sを古馬3勝クラスの時計で差し切り。距離を延ばした青竜Sは好位から抜け出し2着馬が迫るともうひと伸び。同開催の古馬オープン、オアシスSより0秒1速い時計で優勝した。機動力と完成度の高さは一番。5連勝で重賞初制覇を果たす。

 デアフルーグの青竜Sは初コースに加え、1番枠で出遅れる不利があった。直線も苦し紛れのイン強襲に見えたが、最速の上がり35秒2で本命馬に迫った。一度経験した舞台。逆転も狙える。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです