メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インパール作戦

実態知って 「兵士は水飲みながら死んだ」 今年75年、現地に資料館

提供された資料を見る日本財団の和田真さん=東京都港区で2019年5月14日、曽田拓撮影

 太平洋戦争中に多くの死者を出し、「無謀な作戦」の代名詞のように言われるインパール作戦から今年で75年になるのに合わせ、日本軍の攻略目標となったインドの都市・インパールに6月29日、当時の様子などを伝える平和資料館がオープンする。戦後70年以上が過ぎて従軍した兵士らの多くがこの世を去る中、本人が残した手記などを遺族らに提供してもらって展示し、貴重な資料の散逸防止も図る。【曽田拓】

 計画に参加している日本財団(東京都港区)によると、現地で以前から砲弾など戦時中の遺物を保存しようと…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1397文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 図解で納得 停電した時の対処法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです