メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

新刊『図説 京阪神の地理-地図から学ぶ』 土地と社会の姿、多角的に

『図説 京阪神の地理』から、豊臣秀吉によって整備された京都の図

 人文・社会科学の学術出版社「ミネルヴァ書房」(京都市)から『図説 京阪神の地理-地図から学ぶ』が出版された。京阪神の側面を人文地理学の視点から読み解く。大学の教科書として企画された本だが、編集担当者は「一般の人にとっても、身近な街への気づきがあるはず。現地を歩く際のガイドとしても役立ててほしい」と期待を込める。

 関西の大学で地理の授業を担当する6人の研究者が執筆。京阪神の概要▽自然▽歴史▽工業▽近代都市▽現代…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文779文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです