メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
インパール作戦

「無謀な作戦」75年 平和の印、インドに資料館 日本財団、兵士の遺品など

 太平洋戦争中に多くの死者を出し、「無謀な作戦」の代名詞のように言われるインパール作戦から今年で75年になるのに合わせ、日本軍の攻略目標となったインドの都市・インパールに29日、当時の様子などを伝える平和資料館がオープンする。戦後70年以上が過ぎて従軍した兵士らの多くがこの世を去る中、本人が残した手記などを遺族らに提供してもらって展示し、貴重な資料の散逸防止も図る。【曽田拓】

 計画に参加している日本財団(東京都港区)によると、現地で以前から砲弾など戦時中の遺物を保存しようと…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1393文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです