メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合同演奏会

いぶし銀の音色楽しんで 結成60年、龍ケ崎市民らのバンド あす最後のコンサート 南米のプロと10度目 /茨城

ボーカルの若井美恵子さん(中央)、リーダーの塚本泰司さん(左)ら「サウンド・ブリーズ」のメンバーたち=茨城県龍ケ崎市川原代町で

 結成60年目を迎えた龍ケ崎市民らのバンド「サウンド・ブリーズ」が16日、プロの南米音楽グループと最後の合同コンサートを開く。男性メンバーの平均年齢は80歳。長年活動してきた龍ケ崎市で、ベテランのメンバーたちがいぶし銀の音色を奏でる。

 プロのグループは、南米出身の3人組「ロス・トレス・アミーゴス」で、合同コンサートは2005年以来10度目。16日のステージは3部構成で、市民バンドは2部で演奏する。

 バンドは1960年、ベースの塚本泰司さん(83)とスチールギターの岡田一朗さん(82)ら4人が結成…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 郵政副社長 NHKのかんぽ問題取材は「放送倫理違反」 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです