展覧会

中村三加子さんブランド、15周年記念 和光ホールで服展示 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 デザイナーの中村三加子さんが手がけるファッションブランド「MIKAKO NAKAMURA」が15周年を迎えるのを記念し、これまでの代表作を集めた展覧会「ミカコナカムラ 美のミュージアム」が銀座の和光ホール(中央区)で開かれている。絵画や書などの展示ホールとして知られる同所に、衣服が並ぶのは異例。和光の佐藤朱夏さんは「ミュージアムと銘打つにふさわしい完成度の高い服を鑑賞してほしい」と話している。

 中村さんがブランドを立ち上げた2004年は、ファストファッションが急成長を遂げた時期。需要を超える服が大量生産される風潮に危機感を抱き、「捨てる服はもういらない」を自らのブランドのコンセプトとした。セミオーダーを基本に、着続けてもらえる服だけを作ることに徹した。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文661文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集