メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

新法施行1年 地域活性化へ一役 事業者ら規制の中、可能性模索 /長野

民泊として貸す古民家の居間で「外国人にはこたつは喜ばれます」と話すスミス陽子さん=長野市七二会で

 一般住宅やマンションの空き部屋に旅行者を有料で泊める住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されてから15日で1年を迎えた。県内の登録事業者は全国では中位の62件(11日現在)。年間営業日数180日以内や、自治体の条例によるさらなる営業期間や区域の規制など厳しい制限がある中で、事業者らは地域活性化や施設の有効活用を模索している。【ガン・クリスティーナ】

 「民泊はいろいろなことにつながる」。昨年12月から本格的に民泊を始めたスミス陽子さん(47)が語る…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1136文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです