メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クアハウス岩滝

与謝野町立温泉施設、改修は実質“延命措置” マイナーチェンジに 人口2万人、財政厳しく /京都

クアハウス岩滝の改修後のイメージ。1階にオープンテラスを設け、集客アップを図るという=京都府与謝野町提供

 与謝野町岩滝の町立温泉施設「クアハウス岩滝」が8月から改修工事に入る。開設から26年。町の人口は2万2000人を割り込んだ。財政は苦しさを増して開設当初のような再投資はできず、実質的には施設の延命措置に近い。人口減少社会に突入する中で町の資源をどう生かすのか。先を見据えた発想が必要とされている。【安部拓輝】

 改修計画では3階でトレーニングルームを2倍に拡充し、2階を休憩ラウンジとして1階の玄関横にオープン…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです