ホテル

お泊まりは古民家へ 串本に来月オープン 築145年、稲村亭など改修 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開されたホテル「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道」の客室棟の様子=和歌山県串本町串本で、最上聡撮影
公開されたホテル「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道」の客室棟の様子=和歌山県串本町串本で、最上聡撮影

 串本町串本の築145年の古民家などを改修した宿泊施設「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野街道」が7月1日、オープンする。【最上聡】

 改修されたのは、「稲村(とうそん)亭」など2棟3室。稲村亭には、同町の商人が飢饉(ききん)の際、米を無償で提供した恩返しにと、地元の漁師が贈ったスギの流木で造られたという逸話が残る。同町のまちづくり会社「一樹(いちじゅ)の蔭(かげ)」(博多敏希代表)が手がけ、全国で古民家再生に取り組む一般社団法人「ノオト」や串本町、紀陽…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集