メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茶器寄贈

「本物を見て」 名誉市民・松本さん、福山市に /広島

茶器を寄贈した松本卓臣さん(右)と、広島県福山市の枝広直幹市長=同市役所で、広瀬晃子撮影

 福山市の名誉市民、松本卓臣さん(99)=福山市西町=が13日、江戸時代の陶工、尾形乾山(1663~1743年)の茶器「黒茶碗 銘 紅葉彫」など2点を市に寄贈した。松本さんは「本物の良さを見てもらい、茶文化に親しんでほしい」と話し、枝広直幹市長は謝意を伝えた。

 もう1点は作者不明の朝鮮半島渡来の高麗…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです