メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇部興産学術振興財団

若手研究者14人に奨励賞 /山口

 宇部市の宇部興産学術振興財団(竹下道夫代表理事)は、市内のホテルで第59回学術奨励賞の贈呈式を開き、全国から選ばれた若手研究者14人に計1420万円の研究費を贈った。

 振興財団は、宇部興産の初代会長・渡辺剛二氏の遺志によって日本の学術研究を奨励するため、1959年に設立された。これまで326人の研究者が奨励賞に選ばれている。

 今回は、応募総数170件の研究テーマから「学術奨励賞」13件、「渡辺記念特別奨励賞」1件が決まった…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文449文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです