メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

「楽しんで夢追って」 五輪メダリスト・星さん、高知・小高坂小5年生と交流 /高知

星奈津美さん(右端)との交流で、それぞれの夢を発表する児童たち=高知市新屋敷1の市立小高坂小で、北村栞撮影

 元競泳選手で五輪メダリストの星奈津美さんが14日、高知市立小高坂小(同市新屋敷1)を訪問。5年生の児童約60人と交流した。

 星さんはこの日、スポーツ選手らが自分の経験や夢を持つことの大切さを伝える「ZOJIRUSHI ユメセンサーキット2019」(日本サッカー協会主催)の講師として小学校を訪問した。

 現役時代、星さんは甲状腺の病気「バセドー病」を乗り越えて活躍。2012年ロンドン五輪と16年リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートルバタフライで銅メダルを獲得している。自らの体験を振り返りながら、前向きに努力を続けることや当たり前のことに感謝する大切さを訴えた星さんは、「楽しみながら夢に向かって頑張ってほしい」と児童に呼び掛けた。

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです