ホルムズ海峡タンカー攻撃

米・イラン、非難応酬 双方が映像公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
タンカー「KOKUKA COURAGEOUS」の船体に残る機雷とみられる物体(右矢印)と、損傷箇所(左矢印)=米軍提供
タンカー「KOKUKA COURAGEOUS」の船体に残る機雷とみられる物体(右矢印)と、損傷箇所(左矢印)=米軍提供

 中東のホルムズ海峡付近で日本の海運会社が運航するタンカーなど船舶2隻が攻撃を受けた事件について、ポンペオ米国務長官は13日、「イランに責任がある」と非難し、米軍もイラン側の小型船がタンカーに付着させた機雷を取り除いているとする映像を公開した。対するイラン側も自国が救助したとするタンカー乗組員の様子を収めた動画を公開することで関与を否定し、双方の応酬は情報戦の様相を呈してきた。

 米中央軍が公開した映像には、小型船が日本のタンカーに近づいて横付けされ、十数人が作業している様子が収められている。米側は、イランの精鋭軍事組織である革命防衛隊が、不発の機雷を船体から回収している、と断じている。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文651文字)

あわせて読みたい

ニュース特集