メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡タンカー攻撃

米・イラン、非難応酬 双方が映像公開

タンカー「KOKUKA COURAGEOUS」の船体に残る機雷とみられる物体(右矢印)と、損傷箇所(左矢印)=米軍提供

 中東のホルムズ海峡付近で日本の海運会社が運航するタンカーなど船舶2隻が攻撃を受けた事件について、ポンペオ米国務長官は13日、「イランに責任がある」と非難し、米軍もイラン側の小型船がタンカーに付着させた機雷を取り除いているとする映像を公開した。対するイラン側も自国が救助したとするタンカー乗組員の様子を収めた動画を公開することで関与を否定し、双方の応酬は情報戦の様相を呈してきた。

 米中央軍が公開した映像には、小型船が日本のタンカーに近づいて横付けされ、十数人が作業している様子が…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです