メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

その昔、東北の山中に熊を追ったマタギ(猟師)は…

[PR]

 その昔、東北の山中に熊を追ったマタギ(猟師)は一旦山に入ると里で暮らす時とはまるで違う言葉を使った。地域ごとに異なるこの「山言葉」だが、たとえば熊は広く「イタチ」「イタズ」と呼ばれていた▲逆に「クマ」といえば鍋を表す地方があった。熊を小動物の名で呼ぶのは狩りやすくする呪術的心理からか。驚くのは、山言葉は山に入る仲間以外には家族にも秘密で、山中に入って里の言葉を使うと厳しい制裁が科せられたという▲山中は山の神の支配する聖なる異界で、獲物という恵みを与えてくれもすれば、猟師を死に追いやることもある。山入り前は精進潔斎(しょうじんけっさい)をし、山入り中はけんかや大声の会話も慎むのがおきてだった(楳垣実(うめがき・みのる)著「日本の忌みことば」)▲昨年1年間の山岳遭難者は全国で3129人、統計の残る1961年以降最多を更新したという。この数、10年前の1・6倍、目を引くのは年代別で最も多いのが70歳代だったことだ。また外国人の遭難者もこの5年で5倍に増えた▲死者・行方不明342人の内訳も70歳代、60歳代が各100人以上を占め、単独行動での事故が目立つという。十分な装備、余裕のある登山計画は誰にも必要だが、とくに高齢者は自らの体力を過信せずにグループ登山をすべきだろう▲山岳という「異界」ならではの非日常体験を求める山登りである。どうか昔の人が山の神に抱いたおそれ、山入りに課した厳しいおきてを思い起こし、この夏山でも聖なる絶景を安全に楽しんでいただきたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです