メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

世界一つよい女の子=編集委員・元村有希子

 ピッピだ。長くつ下のピッピだ。

 「気候のための学校ストライキ」の提唱者、グレタ・トゥーンベリさん(16)を見たとき、ずっと昔に読んだ本の記憶がよみがえった。ピッピはスウェーデンの少女。そばかすと真っ赤なお下げ髪がトレードマークで、いじめっ子や、権威をかさに着ておかしなことを言う大人がいれば、こてんぱんにやっつけてみせる。「世界一つよい女の子」の痛快な物語は、小学生の私をわくわくさせた。

 グレタさんもスウェーデンに暮らし、赤毛ではないけれどお下げ髪。昨年夏、温暖化対策に消極的な大人たちへの抗議行動を、たった1人で始めた。毎週金曜、学校を休んで国会前に座り込む姿に同世代の若者が共感し、ストやデモは100カ国以上に広がった。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです