メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

丸山穂高衆院議員の暴言=保阪正康

左下は2・26事件の反乱軍兵士、右下は丸山穂高衆院議員

昭和は歴史に入ったのか

 令和に入って1カ月半が過ぎた。日々の動きを見ていると、少しずつ社会が平成の時代から変化していく様が見て取れる。変わらないようで変わりつつあると思う。具体的な指摘になるが、5月に北方領土へのビザなし訪問団に加わった丸山穂高衆院議員が、慣れない訪問先で酒の酔いも手伝ったとはいえ、「(戦争をしないと北方領土を)取り返せない」などと訪問団長に詰め寄ったそうだ。この常識外れの発言の主には、間違いなく、自分が歴史を侮辱しているとの認識が欠けている。

 こういう発言が令和になって1カ月もしないうちに出てくるところに、不安感がわいてくる。令和が、こんな…

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文2021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです