メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

丸山穂高衆院議員の暴言=保阪正康

左下は2・26事件の反乱軍兵士、右下は丸山穂高衆院議員

昭和は歴史に入ったのか

 令和に入って1カ月半が過ぎた。日々の動きを見ていると、少しずつ社会が平成の時代から変化していく様が見て取れる。変わらないようで変わりつつあると思う。具体的な指摘になるが、5月に北方領土へのビザなし訪問団に加わった丸山穂高衆院議員が、慣れない訪問先で酒の酔いも手伝ったとはいえ、「(戦争をしないと北方領土を)取り返せない」などと訪問団長に詰め寄ったそうだ。この常識外れの発言の主には、間違いなく、自分が歴史を侮辱しているとの認識が欠けている。

 こういう発言が令和になって1カ月もしないうちに出てくるところに、不安感がわいてくる。令和が、こんなラフな思考に基づく歴史観を口にしても構わない時代になる予兆でなければいいが、とも案じる。

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文2021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです