メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

人口減少下の経済成長=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

大武健一郎 ベトナム簿記普及推進協議会理事長

 未来が不透明な時代にあって、確実に予測できるのは統計による人口予測だ。

 敗戦後の超インフレ経済がほぼ終わりを迎え、経済成長を始めた昭和25(1950)年の日本の人口は8300万人だった。昭和から平成になった89年は1億2300万人となった。この間だけでも4000万人も増えたことになる。1人当たり国民所得もこの間、64倍と急増しており、まさに昭和は「奇跡の高度成長」の時代であった。

 平成の時代は20(2008)年に1億2800万人とピークに達したが、令和の時代が始まった今年は1億…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文713文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです