メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外夏の甲子園 履正社が初優勝、星稜・奥川を攻略
ゴルフ

宮里藍サントリー・レディース 鈴木2打差2位

第2日(14日、兵庫・六甲国際GC=6511ヤード、パー72)

 第2ラウンドを行い、イ・ミニョン(韓国)が通算11アンダーで首位を守った。2打差の2位に鈴木愛。さらに2打差で松田鈴英、永峰咲希、新垣比菜が続いた。前週優勝の上田桃子は1オーバーの55位タイで、同順位までの64人が決勝ラウンドに進んだ。

-11(1)イ・ミニョン  133=65、68(35、33)

-9 (2)鈴木愛     135=67、68(32、36)

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文512文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです