メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県立博物館

学芸員、国重文も切り取りか 県が調査

柳之御所遺跡から出土した火舎(香炉)についての岩手県立博物館の内部文書(抜粋)。一部を切り取る「サンプル」を意味する可能性がある「サン」の文字が書かれている=関係者提供

 岩手県立博物館(盛岡市)の赤沼英男上席専門学芸員(61)による文化財無断切り取り問題で、国史跡の柳之御所遺跡(同県平泉町、平安時代)から出土した重要文化財3点も一部が無断で切り取られていた可能性が浮上した。毎日新聞が入手した内部資料に切り取り箇所を示したように読み取れる記載があり、県教育委員会はこの3点について調査に着手した。赤沼氏はこれまでの取材に疑惑を否定している。

 赤沼氏がこれまでに無断切り取りを認めた文化財に重要文化財は入っていない。県教委によると、重要文化財…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文838文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです