メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カレー屋多いのに…神戸のカレールー購入量、都道府県庁所在地でなぜ最少?

神戸市内のスーパーの棚に並ぶカレールー=神戸市中央区中山手通4のコープ山手で2019年6月11日午後5時25分、春増翔太撮影

 神戸市民は家でカレーを作らない? 2016~18年、神戸市は市販のカレールーの購入量が全国47の都道府県庁所在地で最も少なかった。街を歩くとカレー屋は多く、決して嫌いではないはず。いったいなぜか。

 総務省の家計調査によると16~18年、神戸市の1世帯が1年間で購入したカレールーの量は平均1092グラムだった。約60食分に相当するが、1位の鳥取市(1898グラム)の6割に満たず、全国平均(1453グラム)と比べても4分の3にとどまる。最大手の「ハウス食品」(本社・東大阪市)の広報担当者は「神戸で売れていないとは知りませんでした。理由は分かりませんね……」と話す。

 ルーを使わなくてもカレーは作れるが、香辛料専門店「神戸スパイス」を展開する輸入食品卸売り「バシン・…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1109文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです