メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜市嘱託職員3人、同じ女性職員にセクハラ 処分を検討

セクハラについて説明する長屋敏樹市民生活部長(中央)ら=岐阜市役所で2019年6月14日午後1時5分、高橋龍介撮影

 岐阜市は14日、市の出先機関の60歳代の男性嘱託職員3人が、同じ職場で働いていた非正規の女性職員に対し、セクハラ行為をしていたと発表した。市は3人の処分を検討する。

 市によると、嘱託職員2人は昨年6月以降、女性に対して複数回にわたり、性的内容を含んだメールを送りつけたり、体を触ったりしたという。昨年11月、女性を派遣していた業者を経由し職場の市民生活部に申告があり、判明。同部は女性に謝罪した。

 今月1日、別の男性嘱託職員が女性の職場に配属。女性と面識があったこの職員は同日、女性の体を触るセクハラ行為をした。3日、業者経由で連絡を受けた市が事実を確認し、改めて女性に謝罪した。

 女性は精神的苦痛を受け、今月下旬に退職予定という。男性3人のうち、1人は市職員OB。柴橋正直市長は「被害者の方に心よりおわび申し上げるとともに再発防止に取り組む」とのコメントを出した。【高橋龍介】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです