メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年は「ジムカデ」去年は「ヨコエビ」 秋吉台の洞窟で新種発見相次ぐ

ジムカデが見つかった景清穴=山口県美祢市文化財保護課の村上崇史さん撮影

 山口県美祢市にある国内最大のカルスト台地・秋吉台の洞窟で近年、新種の発見が相次いでいる。昨年は甲殻類の一種、今年はムカデの仲間「ジムカデ」が報告された。隔絶した環境の洞窟が多数存在することや、DNA解析技術の進歩が背景にあり、国内屈指の「宝庫」として、研究者の間で更なる発見への期待が高まっている。

 秋吉台は広さ約130平方キロのカルスト台地で、地下には約450カ所以上の石灰洞が発達している。洞窟内は地理的に隔離されているため、一つの種から複数の種へと分かれる種の分化が生じやすく、1920年代から洞窟生物研究が盛んだった。…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森県困惑 800円の「県民手帳」、4倍でメルカリ出品 「こぎん刺し」模様などの限定版

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです