メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インパール作戦75年、従軍兵士の姿伝えたい 29日、インドに平和資料館オープン

インパールに建設された平和資料館=日本財団提供

 太平洋戦争中に多くの死者を出し、「無謀な作戦」の代名詞のように言われるインパール作戦から今年で75年になるのに合わせ、日本軍の攻略目標となったインドの都市・インパールに6月29日、当時の様子などを伝える平和資料館がオープンする。戦後70年以上が過ぎて従軍した兵士らの多くがこの世を去る中、本人が残した手記などを遺族らに提供してもらって展示し、貴重な資料の散逸防止も図る。

 計画に参加している日本財団(東京都港区)によると、現地で以前から砲弾など戦時中の遺物を保存しようと…

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1398文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです