メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ボラ写」で支援活動の輪を広げたい 女性写真家、撮影続けて 西日本豪雨1年

被災地で活躍するボランティアたちを撮影したカメラマンの汰木志保さん=広島市中区で2019年6月1日、山崎一輝撮影

 昨年7月に起きた西日本豪雨の被災地で、ボランティアの姿を撮影し続けたフリーカメラマンがいる。東京都杉並区の汰木(ゆるき)志保さん(33)。自らも現地で土砂撤去などに携わりながら、一緒に汗を流す仲間たちにレンズを向け、作品に「ボラ写」と名付けた。現在は広島県などで写真展を開いており「写真を通じ、ボランティアの輪を広げたい」と語る。【池田一生】

 麦わら帽子から褐色に焼けた笑顔をのぞかせる男性。スコップで土砂をすくう別の男性の額には大粒の汗が浮かぶ。今月1日に広島市中区であった復興支援をテーマにした催しには、汰木さんの写真約20点が並んだ。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです