メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外

禁止薬物を摂取した可能性がある馬の競走除外を知らせるパドックの電光掲示板=東京都府中市の東京競馬場で2019年6月15日午後2時44分、玉城達郎撮影

 日本中央競馬会(JRA)は15日、東京、阪神、函館の各競馬場で15、16の両日に出走する予定だった156頭を競走除外にした。禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性があるためで、これだけ大量に除外されるのは異例の事態。JRAは飼料添加物の生産業者に対して指導などをする方針で、生産業者は商品の販売を停止するとともに回収を始めた。対象馬を含む馬券は払い戻される。

 JRAによると、14日夕、競走馬理化学研究所の検査で該当馬が摂取した飼料添加物から興奮作用のある禁…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文748文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです