メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競走馬のサプリメントに禁止薬物 15、16日の中央競馬で156頭が除外に

禁止薬物を含んだ飼料を摂取した可能性がある馬を競走除外にしたことを知らせる張り紙=東京都府中市の東京競馬場で2019年6月15日午前10時37分、玉城達郎撮影

 日本中央競馬会(JRA)は15日、中央競馬の厩舎(きゅうしゃ)に販売された競走馬向けのサプリメントの一部に禁止薬物「テオブロミン」が含まれていたと発表。15、16日に東京、阪神、函館で開催されるレースに出走予定だった馬のうち、サプリを購入した厩舎に所属する156頭が競走除外となった。レースは予定通…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 神戸・教諭いじめ 兵庫県警が加害教諭から任意聴取 暴行容疑など立件できるか判断へ

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです