メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なでしこ、鋭さを増した左からの攻撃 サッカー女子W杯スコットランド戦 次戦は真価が問われる山場

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は14日、女子ワールドカップ(W杯)フランス大会1次リーグD組第2戦のスコットランド戦(レンヌ)に臨み、2―1で今大会初白星を挙げた。

 前半23分、日本に今大会初得点をもたらしたFW岩渕はベンチ前に走り、チームメートと喜びを分かち合った。「(けがで離脱したFW植木)理子を含め、24人全員で戦っていることを表現したかった」。アルゼンチンとの初戦に引き分けたことで勝利だけが求められた難局。それがチームの一体感を深め、戦術の共有を進めた。

 特に鋭さを増したのが左からの攻撃だ。先制点は相手のクリアボールを左サイドで奪ったFW遠藤が基点。正…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文950文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです